スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日清カップヌードルミュージアム訪問記

昨年のクリスマス前の三連休のことになりますが、
横浜みなとみらいに出来た、
「日清カップヌードルミュージアム」へ行ってきました。
3か月前にチキンラーメンファクトリーの予約を取り、
待ちに待った初めての来館でした。
車で10時過ぎに着き、冷たい雨が降っていたので、
館内の駐車場にそのまま停めました。
駐車場は最初の1時間が無料、以降は30分250円、
後から停め直した近くの駐車場は一日1200円だったので、
最初からそちらに停めれば良かったと後悔、事前の調査不足でした^^;

受付で入館料を払いまずは3Fへ、
11:45からのチキンラーメンファクトリーの受付と支払いを済ませ、
マイカップヌードルファクトリーの整理券を貰いました。
天候のせいかまだそれほど混雑もなかったので、
10:30からの回に入りました。
マイカップヌードルファクトリーは、
自由に絵を書いたカップに、好きなスープ、具を選び、
オリジナルのカップヌードルが作れる体験アトラクションです。
実際にスープや具を入れる工程はスタッフの方がされるので、
カップのお絵かきがメインで手作り感はあまり感じられません。
小さい子供向きのアトラクションという印象ですが、
それでもエアパッケージに入れたオリジナルカップをかけると、
やっぱり嬉しい気分になりました。
一度は体験して良かったと思います。
麺2 麺1
(↑写真左:選んだ具材を入れたところ、右:完成したマイカップヌードルと展示)
続いてチキンラーメンファクトリーへ。
こちらは粉をこね、機械でのばして切ってと、
本格的に体験ができるアトラクションでした。
エプロンとお土産のひよこちゃんバンダナを身に着け、
2人1組のペアで体験しました。
娘とペアになったので、
こねたりのばしたりの作業はほとんど娘がやりましたが、
最後に麺を切る工程などママも楽しく体験できました。
スタッフの人が1~3組に1人付いているので、
とても分かりやすく作ることが出来ました。
待ち時間にこちらもパッケージにお絵かきし、
オリジナルの出来立てチキンラーメンと、
市販のチキンラーメンをお土産に貰えました。
麺3 麺4
(↑写真左:麺を揚げる工程は窓越しに見学、右:時計もかわいい)

13時を過ぎてお腹もすいていたので、
4Fにあるワールド麺ロードで昼食を食べることにしました。
ここでは8ヶ国の麺料理がハーフサイズで安く食べられました。
パパはマレーシアのラクサを、
ママは中国の蘭州牛肉面を食べました。
どちらも辛くて美味しかったです。
子供達は二人ともイタリアのパスタを選んだのですが、
せっかくだからと息子はインドネシアのミーゴレンにしました。
美味しくてお気に入りになったようです。
パパも追加でミーゴレンをもう一杯、
それでも安く楽しめて良かったです。
子供達はカップヌードルパークも行きたがったのですが、
もう帰ろうと2Fのシアターと展示を見学して、
ミュージアムショップでお土産を買い2時過ぎに帰りました。
子供も大人も楽しめるミュージアムでした。
横浜中華街「横浜大飯店」で夕食につづく>>>


<お出かけ家計簿>
レジャー費
 入館料      大人 500円×2 
           小人 無料
 チキンラーメンファクトリー   大人 500円×2
                   小人 300円×2
 マイカップヌードル     300円×4
交通費
 ミュージアム駐車場   1,750円
飲食費
 昼食+ドリンクセット   500円×2
 昼食            300円×3
[ 2013/01/10 12:11 ] 工場見学 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。