FC2ブログ






吉田元気村でキャンプ~①6人用コテージに泊まる

GW前半は、秩父へ1泊2日のキャンプに出かけました。
今回行ったのは、合角ダムのすぐ近くにある吉田元気村です。
6人用のコテージを借りて泊まりました。
6_0.jpg(←写真:6人用コテージ外観)
近くに川も流れていて、緑に囲まれた静かなところでした。
元気村には6人用コテージと、9人用コテージがあり、
芝生の多目的広場は、テントサイトになっていました。
行った日は、3組ほどがテントを張ってキャンプしていました。
4月の初めにコテージを電話予約した時には、
GW後半のコテージはすでにいっぱいで、
前半も1棟の空きしかなかったようでした。
元気村は、コテージでのキャンプが人気かなと思いました。

コテージのチェックインは15時でしたが、
少し早めに14時半過ぎに着いたらチェックインさせて貰えました。
6人用のコテージは二階建てで、川沿いに建っていました。
それぞれのコテージには、「みどりの村」「城峯山」、
「山逢いの里」などの名前が付いていました。
玄関を入った2Fフロアには、寝室とユニットバスがあり、
階段を降りた1Fのフロアに、キッチンとダイニング、テラスがありました。
6_1.jpg 6_2.jpg
(↑写真左:寝室の2段ベッド、  右:キッチン)
1Fフロアは小石が敷き詰められた床、2Fフロアはフローリングで、
スリッパも用意されていました。
1Fのキッチンには、三口ガスコンロのほか、
炊飯器、ポット、電子レンジ、冷蔵庫が完備されていて、
包丁やまな板など、受付で無料で借りられる備品もありました。
ダイニングにはダイニングテーブルとイスがあり、
ベランダにも大きな丸テーブルと折りたたみイスが用意されていました。
6人用コテージのベランダからは川が眺められ、
朝ごはんは鶯の声も聞きながら、ベランダで食べました。
2Fの寝室は、部屋の両側に3組の2段ベッドがあって、
敷布団、掛け布団、毛布、枕が用意されていて、
受付時に人数分のシーツを受け取ってベッドメーキングしました。
暖房もありましたが、夜は消していても暖かく眠れました。
各ベッドの横には小窓があって、スタンドもそれぞれに付いていました。
子ども達は2段ベッドに大喜びで、二人とも上の段を選びました。
ただ娘は、寝る時になって上の段で寝るのを心配していましたが、
疲れていたこともあって、無事にぐっすり眠れたようです。
さすがにテレビはありませんでしたが、とてもキレイなコテージで、
キャンプというより、別荘にでも泊まりに来たような印象でした。
吉田元気村でキャンプ~②元気村の施設編はこちらから>>>


<お出かけ家計簿>
レジャー費
 宿泊代  18,900円 ※6人用コテージ1棟
[ 2011/05/07 13:49 ] BBQ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する