スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グリコピア・イーストに行ってきました

土曜日、グリコピア・イーストに行ってきました。
11時からの回を予約していたのですが、
予約時間の10分前に受付へとの案内だったので、
車の混雑を心配して余裕を持って出かけたら、
10時前に到着してしまいました^^;
予約した時には電車で行くつもりだったのですが、
最寄の北本駅からのバス便もあまりよくなかったので、
急きょ車で行くことにしました。
前日の金曜日はグリコピアの定休日だったため、
車で来場する旨の変更連絡ができずに心配していましたが、
駐車スペースはたくさんあったので問題ありませんでした。
1つの回に20組ほどが来場しているようでしたが、
ほとんどすべての人たちが車で来ていました。

グリコピアの工場見学者入口の門を入るとすぐ受付があり、
工場内には受付時間まで入れないとのこと。
受付隣にある10時開店の売店内か、
車で待っていてくださいと案内されました。
トイレも売店のトイレを利用して下さいとのことで、
1つしかないトイレは混んでいました。
売店内には昔のパッケージのお菓子など、
珍しいものも売られていてましたが、
すべて定価販売のようでした。
売店はあまり広くなかったので、
しばらく物色してから外に出て時間まで待ちました。
この日は暖かかったので良かったですが、
早く着きすぎると天気の悪い日は大変かもしれません。
gkico1.jpg(←写真:グリコピア・イーストを正面から)

前の回の人たちが工場から出てきて、
入れ替わりで入場が始まりました。
最初は全員がカレッジホールに案内され、
有料イベントのミニファクトリーの抽選申込みがありました。
対象は小学生以下で1人で作業が出来る子とのことで、
未就園児くらいの小さな子から小学校高学年まで、
ほとんどの子が抽選券を貰っていました。
20名の定員なので同じグループ内でも、
当選と落選と分かれることがあるとのことでした。
工場見学はまず創業者物語の上映から始まり、
その後4つのグループに分かれて回りました。
私たちのグループは引き続きカレッジホールで、
チョコレートについての上映、CMの映像を見て、
ポッキー製造工程の見学、プリッツ製造工程の見学、
スタジアムホールでのクイズ、
グリコタウンの展示の順番でまわりました。
ポッキーの製造工程の見学は、
段ボールに箱詰めされる最後の工程から逆に進みました。
ポッキーにチョコをつける工程は企業秘密だそうで、
そこから先は見えないようになっていました。
プリッツ製造工程の見学の方は、
こねた生地が棒状になり、45mの長いオーブンで焼かれ、
味が噴きつけられ、パッケージされ、箱詰めされるまで、
すべての工程を見ることができました。
窓越しに見るのは今までの工場見学と同じでしたが、
プリッツは出来あがっていく様子がわかって楽しかったです。
スタジアムホールでのクイズは、
全7問の問題にボタンを押して回答するのですが、
そのうち難しい問題は1,2問なので、
全問正解のチームも多く早押しタイムで優勝が決まっていました。
優勝チームには賞品も用意されていました。
クイズの途中で右左を選んで押すような遊びもあり、
小さな子供も楽しめるようになっていました。
最後のグリコタウンの展示見学も、
映画が見える昔の自動販売機の実演や、
歴代のおまけが展示されていて楽しかったです。
見学コース終了後のマイポッキー体験は、
定員20人のところ25人の申し込みがあったようですが、
抽選なしで全員が体験できることになりました。
こちらは1人500円の有料イベントで、
でかチョコポッキー2本に飾り3種類を選び、
チョコペンでくっつけてデコするのですが、
実際のデコ時間は10分もなかったように思います。
もう少し時間があってもと思いました。
マイポッキーも含め2時間弱の工場見学でしたが、
子供達も大人も楽しく過ごすことができました。
ただ子供達は「ロッテの方が楽しかった」そうで、
どちらかというともう少し小さい子向けかもしれません。
お土産にプリッツサラダ一箱とポッキー風船?を貰いました。
glico2.jpg glico3.jpg
(↑写真左:お土産の品々、右:マイポッキーの作品)


<お出かけ家計簿>
レジャー費
 マイポッキー  500円×2
スポンサーサイト
[ 2013/01/25 17:39 ] 工場見学 | TB(-) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。