スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秩父「山逢いの里」キャンプ場コテージ訪問記

秩父にある「山逢いの里」キャンプ場は、
今までに2回訪れたことがあります。
いつも人気があって予約が取れないのですが、
今年のGWは前半4/28,29の1泊2日で予約できました。
(既に後半は予約がいっぱいで予約できませんでした)

「山逢いの里」のコテージは8棟ほど、
オートキャンプの区画が多く整備されていて
たくさんのオートキャンパーで賑わっています。
yamaai2.jpg(←写真:コテージ外観)
コテージ宿泊では管理棟横の駐車場を利用します。
管理棟でチェックインを済ませ、
荷物をおろす間はコテージに車を横付けできます。
コテージは1棟5名までの宿泊が可能で、
1階にリビングとミニキッチン、
トイレ、洗面所、シャワー室があり、
リビングから階段を上がるとロフトがあって、
人数分の布団が用意されていました。
yamaai4.jpg(←写真:ロフトも明るい)
床はフローリングで全体的に清潔な印象の室内です。
ロフトは窓も多くて明るいのですが、
隙間風が入るので夜はかなり冷えて寒かったです。
また朝はレースのカーテンから明るい日差しが射し込み、
早起きすることができました^^;
ミニキッチンはガスコンロが1口あるだけで、
調理器具や食器などはありません。
管理棟でのレンタルはあるようです。
すべて持参していったので良かったですが、
冷蔵庫がないのは不便さを感じてしまいました。
屋外には各コテージの前に、
木製のテーブルとイスが設置されていて、
U字溝のバーベキュー設備もありました。
夜のバーベキューではランタンの用意が必須です。
yamaai3.jpg(←写真:コテージ前のBBQスペース)

「山逢いの里」は施設内に大浴場があり、
キャンパーは無料で利用できるのが嬉しい点の1つです。
ただ蛇口は4つしかなく湯船もかなり小さいです。
夜7時頃に利用したのでかなり混雑していましたが、
バーベキューをした後に気持ち良く汗を流せました。
自然に囲まれたキャンプ場ですが、
オートキャンパーが多いので賑やかさもあり、
夜暗くなっても安心感のあるキャンプ場です。
コテージは1棟13,950円とお手頃価格なのも、
人気の高いキャンプ場の理由の1つだと思います。


<お出かけ家計簿>
レジャー費
 宿泊代 13,950円
スポンサーサイト
[ 2013/09/19 14:57 ] BBQ | TB(-) | CM(0)

吉田元気村でキャンプ~③9人用コテージに泊まる

10月の三連休は秩父の「吉田元気村」にキャンプをへ。
「吉田元気村」を訪問したのはこれで2回目、
今回は三世代6人で出かけたので9人用コテージを借りました。
小松沢レジャー農園に寄ってぶどう狩りを楽しんでから、
いつものようにヤオコーで食材を買い出しし、
チェックインの15時前に到着しました。
9人用コテージは1Fにリビングとキッチン、トイレ、
2段ベッド2つの寝室が1部屋とベランダ、
らせん階段を上ると2Fはロフトになっていました。
9_5.jpg
(↑写真左:9人用コテージ外観)
(↓写真左:玄関から螺旋階段でロフトへ(奥が寝室)、右:ロフト)
9_3.jpg 9_4.jpg
ロフトにはお布団セットが3組用意されていて、
寝室の2段ベッドで4人、ロフトで3人、
リビングのソファーベッドで2人が泊まれるようでした。
ロフトも広めだったので、
お布団を運べば家族4人寝ることもできそうでした。
9人用コテージはオートキャンパーのキャンプ場所や、
炊事施設と同じ場所に立っているので、
今回宿泊した棟のリビングからは、
視線の先にちょうど目に入るのが少し気になりました。
大きな天窓にはカーテンもないので、
ロフトからも外が丸見えで、
朝、着替えるのに少し困りました。
9_1.jpg 9_2.jpg
(↑写真左:リビング、右:ロフトから。窓の外の眺めはこんな感じ)
トイレは洋式ではありましたがちょっと古くて、
リフォーム途中で終わってしまっているような??感じでした。
受付棟の大浴場に入ったので問題はありませんでしたが、
シャワーのみでバスタブはない棟でした。
ベランダは広くBBQもそこで出来そうでしたが、
今回も炊事施設の屋根の下で行いました。
他にも5組ほどがBBQを楽しんでいました。
この日は残念ながら途中からかなりの雨が降ってきて、
屋根の下まで吹き込んできて大変でしたが、
何とか最後まで食べ終わることが出来ました。
かなり大きな蛾がいたのも怖かったです。
「吉田元気村」のコテージは、
今回の9人棟より前回泊まった6人棟の方が、
外の景色を見ながらのんびりと落ち着いて過ごせたし、
コテージ内の設備も良かったように思います。
今回は雨にも降られてしまいやや残念なキャンプでした。
①6人用コテージに泊まるはこちら>>>


<お出かけ家計簿>
レジャー費
 宿泊代   25,200円  ※9人用コテージ1棟
[ 2012/10/26 14:04 ] BBQ | TB(-) | CM(0)

バーベキュー in高麗川

夏の終わりに従兄弟達とBBQ&川遊びに出かけました。
今回出かけたのは西武池袋線武蔵横手駅の近く、
民宿「川波」さんの駐車場&トイレを借りました。
行きに「ベルク入間野田店」で食材を買い出し、
木炭がなく「マミーマート飯能武蔵丘店」にも寄りました。
「ベルク」は9時開店と便利でしたが、
後から行った「マミーマート」の方が品数豊富な印象でした。
民宿「川波」に着いたのは11時前でした。
駐車場からちょっと急な階段を下りて行くと、
すぐに河原が広がっていました。
遠くには線路を通る電車も見えるスポットでした。
bbq.jpg(←写真:民宿を河原から望む)
河原はそれほど広くはありませんでしたが、
他に2,3組が来ていただけでこの日は空いていました。
かなり暑い日でしたが生い茂っている木で日蔭もあり、
持って行ったターフは使わずに済みました。
川はところどころ深いところもあって、
子供たちの胸あたりの深さもあったので、
ちょと泳ぐことも楽しめたようです。
水もキレイで小さな魚を採ったり、
自然の中で川遊びを楽しむことができました。
BBQはコンロを持っていきましたが、
直火でも出来るようでかまどと炭の跡がありました。
水道がないので野菜は家から洗って切って行きました。
子供たちは川遊びに夢中で、
大人ばかり(主にパパ達)が働いていましたが、
外でのBBQは美味しくてやっぱりいいですね。
途中、雨が降ったり止んだりして心配しましたが、
豪雨になる前に片づけも終えて帰れました。
ただトイレが花火大会などである簡易トイレが3つほどで、
キレイとは言えず娘は嫌がっていました。
民宿の施設を利用するプランもあるようでした。
何度か利用した「さつき」は設備もキレイでお勧めですが、
ちょっと遠いのと利用料も(安めではありますが)かかります。
バーベキュー in名栗川 ②BBQスポット「さつき」はこちら>>>
こちらは当日思い立って行くこともできそうな、
近場で楽しめるスポットだったかなと思います。


<お出かけ家計簿>
レジャー費
 駐車場代    500円
飲食費
 BBQ食材費 7,000円 
  ※2家族8人分の生鮮食材(肉類、魚介類)
  ※野菜、飲料は持参
[ 2012/09/15 09:31 ] BBQ | TB(-) | CM(0)

乙女森林公園第2キャンプ場コテージでキャンプ~②食材の買い出し

乙女森林公園第2キャンプ場でのキャンプ、
食材の買い出しは、「マックスバリュ」を利用しました。
野菜、飲物は前日までに買い出ししておいたので、
お肉や魚介類を買いに出かけました。
車で10分ほどのところに「マックスバリュ」が2軒あり、
初日は管理棟の人に「御殿場東田中店」の方が広いと聞き、
そちらに出かけました。
朝から大雨の天気だったからか、
周辺道路の混雑もほとんどありませんでした。
「マックスバリュ御殿場東田中店」は広い店舗で、
魚介類、肉類の種類、数も豊富にあり便利でした。
2日目もまた、BBQ用具の忘れ物を買いに「ケーヨーD2」と、
ジュースなどの追加分を買いに「マックスバリュ」へ出かけました。
昨日と同じ15時頃に出かけたのですが、
138号線のトンネルを過ぎた辺りから渋滞していました。
なかなか動きそうになかったので、
Uターンしてトンネル出てすぐの道を左へ、
秩父宮記念公園の前を通って401号線へと出ました。
こちらの道も少し混雑はしていましたが、
「ケーヨーD2」まで無事に到着しました。
ただ反対側の車線はICに向かう車でかなり渋滞していたので、
「マックスバリュ御殿場東田中店」に行くと、
帰りは401号線も138号線も渋滞にはまりそうだったので、
地図を頼りに国道を避けて「御殿場新橋店」へ向かいました。
買い物を済ませ、東田中の交差点から401号線へ、
深沢西の交差点から138号線に戻り、
無事に渋滞を避けて帰って来れました。
生鮮食品のコーナーは覗きませんでしたが、
「御殿場新橋店」も広い店舗だったので、
渋滞を避けての買い出しにはこちらの方が便利だと思いました。
①コテージ紹介はこちら>>>
③日帰り温泉はこちら>>>


<お出かけ家計簿>
 食材費 ※2日分の購入
  野菜   1,970円
  肉・魚  4,547円
  飲物   1,676円 ※ビール除く
  お菓子   713円
  朝食等  2,565円
[ 2012/05/13 18:01 ] BBQ | TB(-) | CM(0)

乙女森林公園第2キャンプ場コテージでキャンプ~①コテージ紹介

GW後半、乙女森林公園第2キャンプ場へ行ってきました。
今回は初めての2泊3日のキャンプでした。
出発の日の早朝は大雨、
箱根登山鉄道も運転を見合わせているとのニュースを見て、
天候の回復を待って9時頃に家を出発しました。
4連休の初日、東名高速はやっぱり渋滞中の表示、
東名には乗らずに国道246号を進みましたが、
246号も渋滞が多く、お昼ご飯を厚木のサイゼリアで食べ、
結局、秦野中井ICから東名高速に乗りました。
それからは渋滞もなく順調に流れていたので、
足柄SAに立ち寄って休憩、地場野菜を購入し、
御殿場ICからキャンプ場へ、
15時前には到着することができました。
御殿場IC付近もアウトレットの駐車場は満車の案内でしたが、
周辺道路の混雑はそれほどでもありませんでした。

乙女森林公園第2キャンプ場では、
まずキャンプ場の管理棟でチェックイン、
宿泊料金をカードで支払いました。
そしてカギ、レンタルセット、案内ファイルを貰い、
宿泊するコテージへ車に乗って移動しました。
第2キャンプ場は2つの入口に分かれていて、
管理棟のある方にはオートキャンプ場とコテージが5棟、
国道に近い入口の方はコテージが6棟ありました。
今回宿泊したコテージは、
国道に近い方の4名用コテージだったので、
人も少なくて本当に静かな環境でした。
(夜、遠くに聞こえるバイクの音はありましたが…)
最終日にはやっと快晴になって、
コテージから大きな富士山も見ることができ、
景色も素晴らしかったです。
soto.jpg(←写真:コテージ外観と奥に見える富士山)
駐車スペースもコテージのすぐ前に各棟1台分ずつあって、
荷物の運搬も楽にできました。
ただ子供たちは、
遊べる広いスペースがないのが残念なようでした。

コテージはとてもキレイでした。
1Fにキッチン、ダイニング、ベランダ、
ベッド2台の寝室に、洗面、バス、トイレがあり、
階段を上がると広めのロフトがあって、
お布団が2セット用意してありました。
in5.jpg in4.jpg
(↑写真:室内の様子。左:ダイニングから玄関、右:寝室)
備品も充実していて、
ダイニングには丸テーブルとイスが4脚、
テレビもあり、スリッパも用意されていました。
キッチンには炊飯器、ポット、トースター、電子レンジ、
冷蔵庫、1コンロのIHヒーターの電化製品、
受付で貰ったレンタルセットの中には、
まな板、包丁、おたま、食器セットなどが揃っていました。
洗剤、スポンジ、たわし、雑巾も用意されていて、
食材さえ持っていけばキャンプできる感じでした。
in1.jpg in2.jpg
(↑写真:充実家電。左:冷蔵庫はやや小さめ、右:冷暖房器具も)

1日目の夕食は小雨が降ったり止んだりの天気だったので、
キッチンでカレーを作りました。
IHヒーターは火力がやや弱く心配しましたが、
ポットで先にお湯を沸かして時間短縮したりして、
無事に出来上がりました。
一度に電気を使わないようにとの注意書きにドキドキしましたが、
ブレーカーも落ちることなく調理できました。
2日目の夕食は楽しみにしていたバーベキューをしました。
コテージのベランダはBBQ禁止で、
コテージ前の庭がBBQスペースになっていました。
U字溝と小さな網が用意されていましたが、
外にはテーブルやイスはありませんでした。
またBBQスペースはベランダ側だったので、
玄関からぐるっと回らないといけないのがやや不便で、
人目が少ないのでいちいち戸締りをしていました。
ベランダから外に出れるといいなぁと思いました。
周りの慣れている?人たちは、
庭にターフやテントを張って、
アウトドアテーブルやイスを広げて利用していました。
バーベキューコンロなどを洗うのは、
駐車スペースに蛇口が1つあってそこでできました。
ゴミがすべて持ち帰りなので大荷物が帰りも減りませんが、
生ゴミは引き取ってくれるので良かったです。
軟弱キャンパーにはホントに便利なキャンプ場だと思いました。
②食材の買い出しはこちら>>>
③日帰り温泉はこちら>>>


<お出かけ家計簿>
レジャー費
 宿泊代     16,000円×2日 ※コテージA 4名タイプ
[ 2012/05/12 11:05 ] BBQ | TB(-) | CM(0)

乙女森林公園第2キャンプ場を予約

いつも出遅れてしまうGWのキャンプ場予約ですが、
今年は珍しく早くから気が付いて、
無事に予約することができました。
御殿場にある「乙女森林公園第2キャンプ場」を予約しました。
HPに2月1日8時半から予約開始と書いてあったので、
当日、予約開始時間から電話をかけ始めたのですが、
なかなか繋がりませんでした。
やっぱり人気施設で無理かなと諦めかけたのですが、
お昼前にもう一度かけてみるとやっと繋がりました。
GWの空き状況を確認すると、
まだ4人棟は空いているとのこと。
5月3日~5日の2泊を予約することができました。
2月中旬頃に予約状況を見ると、
3日、4日泊は空きなしになっていたので、
早めに予約できてホントに良かったです。
(5日泊やGW前半の4月末はまだ空いているようでした。)
「乙女森林公園第2キャンプ場」は、
ずっと行ってみたいと思っていたキャンプ場の1つです。
軟弱キャンパーの我が家に便利なトイレ付きのコテージで、
1泊16,000円とお手頃な宿泊代も魅力的。
今までは埼玉県の秩父方面ばかりだったので、
初めての場所も楽しみです。
富士山も近く、乙女の森へのハイキングコースもあったり、
気持ちのいい景色の中でアウトドアを楽しめそうです。
初めての2泊の食事はやや心配ですが、
ミニキッチンもあるようなので^^;
GW、のんびり楽しみたいと思っています。
[ 2012/03/09 10:00 ] BBQ | TB(-) | CM(0)

秩父キャンプ~買出し、道の駅「果樹公園あしがくぼ」

GWの秩父キャンプ初日は、朝7時半過ぎに家を出発し、
道の駅「果樹公園あしがくぼ」で休憩をして、
10時過ぎにに「ヤオコー大野原店」に着きました。
芝桜で有名な羊山公園もまだ混雑の始まる前で、
公園内駐車場へも入れるようでした。
ショッピングセンターの「UNICUS秩父」にも、
「ヤオコー上野町店」がありましたが、
隣にある道の駅「ちちぶ」ともに既に混雑しているようたったので、
国道140号を進み「ヤオコー大野原店」に行きました。
野菜は前日に買出しをすませてあったので、
お肉と魚介類、翌日の朝食を買いました。
バーベキュースポットも近くにいっぱいあるからか、
焼肉用のお肉もたくさん揃っていました。
牛ハラミ、牛モモ、焼肉セット(豚トロ、カルビなど)、鶏モモ肉、
魚介類もイカ串、海老、ほたて、サーモンを購入、
朝食はパン、ヨーグルト、ソーセージなどを買いました。
やっぱり広い店舗で買出ししやすかったです。
バーベキューの買出しはこちらから>>>

秩父へ行く時に立ち寄る道の駅「果樹公園あしがくぼ」は、
農産物直売所に新鮮な野菜が朝から並んでいます。
きゅうり、トマト、ねぎ、ほうれん草などの野菜、
しめじ、しいたけなどのきのこ類、いちご、
わらび、せり、ノビルなどの山菜までいろいろあって、
たくさんの人で賑わっていました。
キャンプの帰りに、きゅうり、しめじ、せりを買って帰り、
その日の夜は塩茹でして刻んだせりをご飯に混ぜた、
せり飯を作って食べました。
春の山菜独特の苦味もあり美味しかったです。
子ども達も美味しく食べられました。
翌日には、しめじご飯を作りました。
こちらもしめじが美味しくて好評でした。


<お出かけ家計簿>
BBQ食材
 肉類  3,896円
 魚介  1,205円
 野菜  1,128円 ※余りあり
 飲料   414円 ※アルコールのぞく
 朝食   906円
 他    569円 ※調味料など
お土産  1,995円 ※ふきみそ、山菜など       
 
[ 2011/05/11 08:49 ] BBQ | TB(-) | CM(0)

秩父キャンプ~観光②城峯山

秩父キャンプ2日目は、城峯山に行きました。
天気があまり良くなかったので、
城峯山キャンプ場の案内を頼りに車で山道を上がっていきました。
元気村で教えて貰った道を進んで行ったのですが、
どんどん道が細くなって、対向車が来ないことを祈る思いでした。
行きに1台、帰りに1台とすれ違ったくらいで、
この道で合っているかと不安になるような山道でした。
他の道は、もし落ちても車が通らないので危険と言われたのですが^^;
この道もあまり変わらないような印象でした。
クマ出没注意の看板もあり、木々が鬱蒼としていて、
やっと城峰神社の入口看板に到着した時は正直ホッとしました。

そこからキャンプ場はすぐで広い駐車場もありましたが、
停まっている車は一台もありませんでした。
でもキャンプ場のテントサイトはキレイに整備されていて、
新しい水洗トイレも完備されていました。
yama3.jpg(←写真:キャンプ場の様子)
城峰神社は、古く趣きがある神社でした。
yama4.jpg(←写真:城峯神社)
お参りをして、山頂を目指して登り始めました。
神社からは15分ほどの山道でしたが、
結構キツイ上り坂が続いたので、
展望台までちょうどいいハイキングコースでした。
電波塔が展望台になっていて、
そこからは、360度の眺めが楽しめました。
この日は曇っていたので残念でしたが、
それでも周りを山々に囲まれて、雲の上にいるような景色が味わえました。
yama5.jpg yama6.jpg
(↑写真左:展望台の電波塔、右:展望台からの景色)
山頂と反対側に行くと、天狗岩、将門の隠れ岩もありました。
将門の隠れ岩は鎖で岩場を登るコースになっていて、
上級者専用、自己責任でという看板があり下から眺めただけで戻りました。
天狗岩も、少し急な道を途中まで登っていったのですが、
風も強くなってきて雨も降り出しそうだったのでやめました。
「城峯山」も観光客がほとんどなく閑散としていましたが、
山の景色が満喫できて素敵なスポットでした。
[ 2011/05/10 09:44 ] BBQ | TB(-) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。